ペットがかかる皮膚病の原因っていったいなに?

家族

原因と予防方法を知ること

動物

最もかかりやすい病気です

皮膚病はペットがかかる病気の中でも最も多い病気の1つです。飼い主はペットが皮膚病になる前からその原因と予防方法を知っておく必要があります。ペットが皮膚病になる原因の1つは細菌による感染です。細菌といっても外部から侵入してくるのではなく、ペットの皮膚にもともと存在している常在菌です。この常在菌は普段は無害なのですが、皮膚のバリア機能が低下するとその数を増やしてかゆみや炎症を引き起こします。こうして発症する皮膚病のことを細菌性皮膚炎といいます。皮膚病の代表的なものです。また、もう1つの原因としては、カビによる感染が挙げられます。皮膚のバリア機能が正常に機能していれば、カビの感染はほとんど問題ありませんが、バリア機能が低下するとカビに簡単に感染してしまいます。こうして発症するのが真菌性皮膚炎です。ペットがこうした皮膚病にならないためには、普段からペットの肌を清潔にしておくことが大切です。犬の皮膚はたくさんの毛に覆われていますが、定期的にお風呂やシャンプーで肌を綺麗に保持する必要があります。ペット用のシャンプーを購入して洗ってあげましょう。その後はスキンケアをしっかりとすることです。ペット用の化粧水や美容液が販売されています。皮膚病になってからではなく、普段からこうした対策をしていれば、皮膚病になることはほとんど予防することができます。大切なペットを飼い主の手できちんと守ってあげましょう。

ペットショップ以外の選択

ブリーダーに育てられた柴犬は気質に優れ、健康であるという点で安心です。ブリーダーから購入するときは、色々なタイプの人がいて、優秀な人は忙しい生活を送っていることが多いということを念頭に置いて連絡を取りましょう。

ミックス犬を飼うポイント

チワックスなどのミックス犬は、その可愛らしさと人懐こさで、人気が高まっています。しかし、ミックス犬には健康管理が非常に重要です。ミックス犬を購入する時は、犬の健康をサポートする体制がしっかりできているかを確認するべきです。

アクセスに便利な場所選択

成田空港周辺には多くのペットホテルが存在しています。選択方法としては、サービス内容な施設内容、費用面から考えることが大切です。飼い主と離れて少なからずペットもストレスを感じているため、できるだけ快適に過ごせるペットホテルを探すとよいでしょう。